« 日本でアロハナイト!! | トップページ | マノアの滝の道 »

2014年3月 5日 (水)

東京から叔父夫婦と一緒に奥伊吹に!!

「フミコさんはこのイベントの後、山に帰るのですか?」 「ハイ、次の週末のフラのワークショップまで家に帰ってスノボーします!」 「じゃ私達もご一緒しても良いですか?」 「勿論大歓迎です!じゃ叔父ちゃんも誘って皆で一緒に奥伊吹に帰りましょう!」Img_0434

久しぶりの奥伊吹の山をご案内します、ではまず此れに着替えて下さい!

「アッ、私達はもうこの格好で良いです!」 「ダメダメ、山をなめないで下さい、山頂はそんな格好では行けません! う〜ん、いいじゃ無い、良く似合っている!」

「あら、これ具合良いわね、暖かいし、顔も隠れるし、私の美肌は出したく無いのヨ」  「・・・・hai」

Img_0446

パトロールの古田さんに美しい山々を案内され、懐かしさに叔父はウルウル。。国子叔母は大はしゃぎです!!

「奥伊吹って、思っていたより大きいのね、何時も行く草津温泉より良いわ!」と叔母が。

「良くこれだけ兄や、丈治は開発したもんだ。。」と叔父は感慨深く。。良かった二人とも気に入ってくれた様で。。

Photo_6

「じゃ次は私あれがやってみたい!あのボードって言うの?」 良いね、その国ちゃんの何でもチャレンジ精神が!じゃ、おじさんはスキーにして。    

国ちゃん70歳で初チャレンジのボードです、ふ〜ん中々良い感じ、ボードセンスが有る、こりゃサプライズだ!転んでも一人で立ち上がれる。。

Photoで、おじちゃんは?「子供の頃に竹スキーをやったけど、このスキーは良く滑るね。。」「大丈夫、じゃコーチをお願いしようね!」

「国ちゃんどうだった?」 「私ね決めたわ、あのオリンピックの選手がフィニッシュでやるクルと雪煙を上げて止まるシーンが有るでしょう、私この後草津でレッスン受けて、あんな風に成る、でも違うのは私のウエアーは超一流デザイナーが私の為に作った服でね!」「・・・・が、頑張って。。。」

Photo_2

子供達も大きく成りました!ユズはもう直ぐ2才にそして来月はお姉ちゃんに成ります、楽しみだね!

Img_0337_2

ヒロトは3才で初スキーにチャレンジ!! (スキー場で育つと皆が仕事で、誰もスキーに連れて来てくれません。。で、今日が生まれて始めてのスキーです!) 

「すみません、この子に合うブーツ有ります?」 「17㎝からしか置いていませんよ」 大丈夫、バックルで絞めれば足は抜けないし、靴さえ履けば、板に固定出来るので!(超〜いい加減。。)

「ハイ、ヒロ 足をいっぱい開いて腰を落として、シューと行きなさい!」 「シュー、シュー、シュー」 Ok,イメージは掴めたね、じゃちびっ子ゲレンデに行こう!

「ほ〜思ったより良いかも、この動画をクリックしてご覧下さい〜!」

「IMG_2987.MOV」をダウンロード

「IMG_2988.MOV」をダウンロード

Img_0482

フミコの日本での最後の週末はクム イリアヒをお迎えして、フラのワークショップです!

沢山のおなじみの生徒さんに混じり、新規の生徒さんも沢山ご参加有り難うございました!

みんなクムの踊りが大好きな方々ばかりです。

Img_0478

会場に木塚八重子先生を見つけました!

「先生お久しぶりぶりです、お元気なお顔が見えて本当に嬉しいです!」 「フミコさん、私は82歳で、まだまだ現役ですよ!」 木塚先生は14年前からクムのワークに来て下さっています、先生何時までもフラの心を生徒さんに伝えて下さい。

Jpg

最終日は今回の大雪で、大きな被害が有った群馬県高崎市の荻野そのこ先生のハラウを訪問しました!

「駐車場の雪かきも皆でしました、安心して来て下さい!」と荻野先生から元気なご連絡頂き、クムとまだまだ雪の被害が残る高崎にお邪魔しました。

今回、東京でも感じた事ですが、雪の備えの無い地域では、除雪車も、又業者も無く、只雪の振るのを見ているだけ、当然被害が拡大するばかりでした。 大雪災害に合われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

ふみこの長〜い日本滞在は終わりです、皆さん又ハワイでお会いしましょう!

 
   

|

« 日本でアロハナイト!! | トップページ | マノアの滝の道 »