« フミコの夏休み!人との出会い、中山家編 | トップページ | フミコの夏休み!人との出会い、日本編。 »

2008年9月 9日 (火)

フミコの夏休み!人との出会い、谷垣家編

1_2 夏休みに子供達に、キラウエア火山の溶岩流や、美しい夜空を見せたいのですがプライベートツアーを是非。。」

と、広島から嬉しいメールを頂き、勿論フミコは俄然張り切り、日本出発前の厳しいスケジュールを調整して、お受けしました!!

私はハワイ島が大好き、1893年私がハワイに移住した年に「Pu`uo」は生まれました、依頼この火口と共にハワイで生きてきたとフミちゃん。。フフ、大げさですね(笑)

谷垣家の到着もマジかに成ったある日、「フミコさん申し訳有りません、主人の仕事の都合で、日程を延期して頂けないでしょうか?」「キャ、困った、じゃ私が日本に行く1日前に何とか・・ヨシ、寝ないでパッキングするか。」Photo_8

そしてお迎えしたのが、この谷垣ファミリーです、9歳、7歳、3歳の可愛いボーイが3人も!

今年の夏はボーイご縁が有るね(笑)、谷垣さん、将来が楽しみですね。

このキラウエアの火口が最後に噴火したのは1884年頃、それから24年して今年再びハレマウマウから噴煙を噴出しました!皆さんはラッキーですね。

キラウエアで十分お勉強して頂いた後は、今回のハイライト、歩いて溶岩流を見に行こうですね。何もサインの無い130号線を延々と走ると、アッ凄い噴煙が上がっている!!皆着いたよ、起きて!!

Photo_10 1990年にこのカラパナの街が焼けの原に成った時の光景が今も鮮明に目に浮かびます。

道路のアスファルトが焦げて蕩け、沢山の家が焼け、美しいブラックサンドビーチが溶岩で埋め尽くされた時の事。。皆泣いていました。。

でも今回は違うな~、皆強い!出店まで出て、観光客を迎えている。。

ワーオ、夕方に成り、ドンドン人が押し寄せて来る。。Photo_11アッでも残念、ロープが張って、これ以上行けない。。

最近は事故が増えた為か、規制が厳しく、人前でこのロープを超えるのはひんしゅくもの。。かな。

数年前までは人は死ぬのは自由、ロープも無く、自己責任の元、流れの直ぐ側まで行き、ペレの息吹を感じ、溶岩をスティックなどで触っていたのに。。

何処もかしこも責任、責任と、人に責任転嫁。。嫌な世の中に成った。。

子供達よ、良く見て、大地の創造だよ、こうやって地球は変化して行くのだよ。この光景を忘れないで、連れて来てくれたパパやママに感謝だね。。

この日、夜中にオアフに帰り着いたフミちゃんは、寝ずにパッキングして、サーこの後は、暑~い日本の夏です!!

|

« フミコの夏休み!人との出会い、中山家編 | トップページ | フミコの夏休み!人との出会い、日本編。 »