« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月10日 (月)

寺門琢己ファミリーとハワイ島(キラウエア編)

Photo_7 寺門家ハワイ島ヒーリングツアー ハイライト!!

ジャジャジャジャ~ン~~ 

Yes,今からこのヘリに乗るのです~・・嬉しさ半分、恐さ半分・・・。

「へ~フミちゃんにも恐いものが有るの??」 だって、フミコはとても三半規管が発達していて・・ブツブツ・・「フーん・・、要するにヘリ酔いするんだ!笑!!」

よし、此処まで来たからにはペレ様を拝みに行くか!!Photo_8

きゃ~~~み、見える・・感動・・・み、皆さん見えます??

「ウン、カッコいいパイロットだね」、違うって、ガラスの向こうの溶岩の流れ!!・・・・・。

綺麗・・・・だね。「フミコ、感動していないで、早く皆さんにパイロットの説明を日本語に訳す!」

Ok,でも写真も撮らなきゃいけないし、マイク持って、アッ、お水が落っこちそう、キャ、ヘリ酔いに浸っている間が無いや。。Photo_9

見て、真っ赤だよ、此処は2100f度、ですって。。

ヘリもとっても熱がって、「いや、いや」をします。「??何 それって?」。

あのね、ヒートの上昇気流で機体がガクガクと揺れるの、凄いスリルだよ、油断したらヘリは簡単に落っこちるんだ!!

わ~~熱そう・・、オヒヤ君や、レフアちゃんも容赦ない火の神「ペレ」様のパアワーでみんな燃やしつくしていまいます。Photo_10

このPu'u Oが噴火したのはフミちゃんが此処ハワイに移住した1983、以来止まる事無く、この24年間噴火を続けています、フミコの成長はこのプウオと共に有ります。。。

この新しい流れは5週間前から、1986年以来ですって、でもこの先にはPunaの町が・・・・。心配・・。 

フー。。。。やっぱ地上が一番だね、今日のパイロット・クリス君、フミちゃんトークを気に入ってくれて、通常40分を一時間も延長してくれてもう大変!!(アッせ;;;)Halemaumau_2

上空から全体の流れを見た私達は、自分の足で今度はペレ様に挨拶に来ました。此処はペレの住む「ハレマウマウ」。

1973年には此処から1000ftの溶岩が火柱を立て、上空を焦しました!!「残念、見たかった。。

「サー、皆さん足元は良いですか?これからフミの一番大好きな火口をお見せしましょう!!」Kuma

「ネー、あれ何?? 熊?」。。そう此処の主、ペレの呪縛で木に成ってしまったオヒア君の化石です。。可愛いでしょう。

Photo_11

ね、見て、これを見ると解る。。中は燃え尽きた木の化石でしょう?

この穴が元は木だったの。。でもある時溶岩が襲ってきて、オヒアの木を丸呑みに!!でも気丈なオヒアは一生懸命レフアの花を守って立っていたの・・、だけど最後は力尽きて燃えてしまうの。。。

Kupukupu_2 カッコいい!!これは「クプクプ」と言うフラカヒコで使うプラントです、こうやって編んでレイにします。「キャ、そんな風に成らないヨ―」

オッ、タクミ先生、なかなか様になっていますね、フラをなさったら、きっと良いダンサーに成りますよ!フミちゃんの太鼓判付!

Puu_huluhulu

ワーイPu’u Huluhuluの山頂だ!!ヤッホー、ヤッホー!!

気落ちが良いね、風が涼しい。。

残念、私がお見せしたかったここからの「Pu’u o」がガスで煙って見えない。。

でも不思議でしょう、さっき歩いた所はまだ新しい溶岩なのに此処は古代の火口、回りは豊かな黒土と植物で覆われ、鳥がさえずります。。

此処はペレ様も残して置きたかったかな??有難う、ペレ!Chikos

どんな楽しい旅行も最後の締めは、やっぱオアフだね。。

美味しいご飯にほっぺが落っこち、甘いホクの歌声に酔いしれ・・う~んホノルルは人を堕落させる・・・。

寺門家の皆様、又いらして下さい!!まだまだチャレンジは続きますヨ! フミコ

| | コメント (0)

2007年9月 8日 (土)

寺門琢己ファミリーとハワイ島(コナ編)

1 ハイ、大きく胸を開いて、息を吸って・・・・

「空気が美味しい・・」「そう、下のオニズカも凄かったけど、此処は又違う・・気持ちが良い・・」「あれって日本の天体望遠鏡スバル??」「ワーオカッコいい、写真、写真!!」

「アッでもあんまり早く動かないで下さい、此処は高度13796フィート、富士山より高いマウナケア山頂です」「気分は如何ですか、高山病にならない様に、ゆっくり行きましょうね」

Photo

今日は整体師の寺門琢己ファミリー」をお連れして、この女神ポリアフの住むKi'eki'e kea「白い山」に表敬にやって来ました。。

見て下さいこの大きな望遠鏡、此処には沢山の皆さんがより星の明かりに近づきたくって、星空ツアーにやって来ます。

フフ、でもレージーフミちゃんは寒~い山の夜より、雲さんから飛び出した山で美しい青いを見る方が大好き!!(星は下のキラウエアで十分楽しみました・・。笑)Photo_2

「ハイ、歩いて、お馬さん!!」

寺門家の弟とお嫁さん、可愛いですね、この二人は夜のお出かけはいつもペアールック、このドレスはハネムーンの時にハワイで買った思い出の品・・。キャ!

綺麗でしょう・・此処はフミコが大好きなフォーシーズン・フアラライです。Photo_3

・・綺麗・・・・・・

フミコが一番好きなこのホテルから見たサンセットです・・。

このサンセットをお見せしたくって山から下りた午後、フアラライのPahuiaに皆さんをご案内しました。Photo_4

このサンセットの光を浴びたセクシーレイディーは寺門家のコーディネーター「美和子姫」です。彼女は良く働く・・、琢己先生の秘書で、寺門家の嫁で、彼の最愛のワイフ役もバッチリです。Photo_6

その美和子がうっとりと見つめるこの人が今日の主役「寺門琢己先生」です。彼は整体のエキスパートで、TVや彼の著書でも特に女性が美しく成る方法を伝授して下さるそうです、皆さんもお試しになっては??http://www.girlswave.com/

今回トリンプから「骨盤のこころ」??成る物が販売されるんですって!!何かしら?Photo_7

サー今日は移動日、Waipio渓谷に向かう途中立ち寄った画廊で一枚の絵に心が動かされました。。

「??これって誰?何をしてるの子供がお相撲とってる?」「No,これは有名なジャパンのストーリーだよ、フィシュが滝を登るんだ」「エーと 、名前は。。。」

と、そこに寺門家のママが、「これは金太郎鯉のぼりね・・」っと。「Yes, Kintaro!!」ワーオ、お母様凄い!さすが。

Photo_9

で、この作品は「ハプナ・プリンスホテル」からの注文なんですって、皆さんもホテルでこの絵を是非ご覧下さい、とても力強い良い絵です。

で、すっかり彼が気に入ったフミちゃんはもう一つ彼が書いていた、今から行く「ワイピオ・バレー」の絵を買っちゃいました。。如何ですか?仕上がりが楽しみ!

Photo_10 ワー・・・信じられれない、ヒイラベの滝に水が無い・・・・。

私たちは今ワイピオバレーにスペシャルツアーで下りて来ました、でも残念、楽しみにしていた滝の水が枯れています。。

本当はこの黒い真ん中に、2本の有名な滝があるはずなのですが。。ガイドのアンクルの話では色々な原因が重なった様です。Photo_11

それでもまだまだ豊かなこの美しい川・・「あれ?あの子何しているのアンクル?」「オー、あのボーイはベジタブルを積んで、今夜のサラダにするんだヨ、とてもヤミーだヨ。」

凄い!そう此処は全てが自給自足、勿論昔は車で入るなんて、電気は今も有りません。。2

そして中でもこの「タロ芋」が彼らの主食です。何て美しいのでしょう、今も此処で取れたタロがオアフにやって来て、ハワイ通の人達を喜ばせてくれます。

朝日と共に起き、海で魚を取り、山で猪を追い、タロ畑を耕し、日が暮れたら眠る・・・・。

この天の恵みを保つ為、アンクルは地元の若者達を連れ山にキャンプを張り、昨年のハワイ島沖地震で崩れた「水のトンネル」を復活するプロジェクトに命を燃やすそうです。

「じゃアンクル、私は一年後に又ヒイラベの滝を見に来るね。どうか怪我の無いように頑張って若者達の指導に当たって下さい。」

・・・寺門家のハワイ島の旅はいよいよキラウエアに向かいます。。

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »