« ハラウの資金集め! | トップページ | 神聖なアバ(Awa)セレモニー »

2005年8月 1日 (月)

フラ世界会議

   行って来ました、フラ世界会議「Ka`Aha Hula `O Halauaola」        &「Na Ponohula」!!

出かける前に皆さんに「別人になって帰ってきます!」って言いましたね、これはジュークででは無く、私の予想以上の展開でした。先ず今のフミコ感情はまるで小さな“虫けら”のようなブルーな気分と、今から頑張ればまー良いかと。。

2001年大会の時、私も行きたいなーと思いましたが、あの時のフミコはこんな未熟者の私が、他の偉いクム達から授業を受けたいなどと自分のクム(先生)に頼むなんてとても出来ないと思い諦めました。。。

で、4年経って今年こそはと思い切ってクムに行かして欲しいと頼んだ所、「僕達も行くからフミコも申し込んでやろう」とOKサインが出ました。「キャやった」フミコは仕事も捨ててウキウキとマウイ島に(^。^)!

            始めは良かったのです。。。

Na Ponohulaではマスター・ハク・レイのアンティーMarie McDnald先生のクラスを受講しましたlei_class

アンティーは技術も人柄も最高の方でした、一部のお花のレイを除いて、殆どが山奥に行ってその素材を採集します、とても大変な作業です。

もちろん私もそのつもりで出かける用意をして行ったら、な、なんと既にアンティーが、それぞれの素材を一人づつ袋に入れて待っていてくれたのです。「貴方方に少しでも多くの技術を学んで欲しいので時間を節約の為、私が用意しました」・・・信じられません、この広い心に感動してフミコはもう ジーン と。。

彼女は毎日の違った素材とテクニックで、一日3種類のレイを教えてくれます。alii

素材の中でもこの左のアリイはフミコの一番好きな花、自分でも庭に3本植えて2本枯らし・・、残った1本に3年目にしてやっと小さな花びらが2枚ついたのが先々週。それなのにアンティーの下さった袋には私が見た事も無いようなこぶし大のAli`iが30個は入っています。  信じられません!!

Lei このクラスは夢のように楽しかったクラスです。私はなぜかアンティーに気に入られ、「フミコ、貴方はとても良いセンスとクラフトワークと持っています」と。

計9個のレイと技術と学びました、「アンティー貴方に出会えて最高でした、一生忘れません、有難う!」

         でもフミコの運はこの時まででした・・。

これからの過酷なことを書く前に会議以外でエンジョイしたマウイもご紹介しましょう!Aloha

先ずクム達は家を買いました、6ヶ月になったアロハちゃんは大喜びです。 10月の日本でのコンサートに連れて行きま~す。

夜はマウイのフラシスター達のレッスンを見学、12月のハラウのホイケに向かって皆がとてもよく出来ています、オアフシスター達の事を思い少し焦りを感じました。

       オアフに帰ったら自分を含め、皆を扱こう!

長く成りましたね、続きは今度にしましょうか?エッ早くフミコのドジを知りたいって!! OK、では触りだけ・・・

週が明け、いよいよコンファデンスが始まりました。私が申し込んだ時は既に750番目、1000人は来ると言われているこの集まり、本当に世界中のハラウから人が集待って来ました。

クラスも色々な分野で盛り沢山、人気のクラスは直ぐに一杯。フミコはクムの選んでくれたクラス、行って見るまでよく解りません。Dai・・不安・・

でも先ず出だしは良かったのです、 本当は先週のワークショップでクムと取りたかった「染め物のクラス」、でもこの短い時間で机の上での勉強ではとても全ては理解出来ません、もっと本格的にやって見たいクラスでした。

次のクラスは有名なチャンターKamuela chunのチャントのクラス、フミコは偉~い人から直伝して貰えるとウキウキと出かけたのですが・・・甘かった。 彼は持ち時間の3時間、トイレ休憩も無く1~2102もある「Kumulipo」を永遠と解説し始めるのです。私も初めてKumulipoのチャントを聞いた時鳥肌が立ち、興味は有りました、でもこの短い時間ではとても無理、超アドバンス・クラス!

  この教室に座っている人達って如何思っているのでしょう。。

        影がかかり始めたのはこの頃からです。。。(笑)

ちょっと長くなったので続きは又・・・

フミコ

|

« ハラウの資金集め! | トップページ | 神聖なアバ(Awa)セレモニー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラ世界会議:

« ハラウの資金集め! | トップページ | 神聖なアバ(Awa)セレモニー »